「ガン」に対する西洋医学と漢方医学の取り組み方の違い
戻る

『ガン』に対する西洋医学と漢方医学の取り組み方の違い

『ガン』に対する「西洋医学と漢方医学」の「とらえ方と取り組み方」が全く違うので、それを書いてご紹介しようと計画して書き始めていたのですが、昨日(平成21年11月23日)NHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』を見ましたので、

について述べてみたいと思います。

但し、この文章が長くなりましたので、安心してお読みいたく為に最初に「私の感想・結論」のポイントを書きました。

★ 『この番組を見たガン患者さんとそのご家族はかわいそう。これじゃー絶望しちゃう。』
★ 『こんなに“細胞”“細胞”と、ミクロの世界だけで研究しているから、迷路にはまったり・全容を見失ったり・人間が元々持っている生命力や自然治癒力などのマクロのとらえ方が視野に入らなくなってしまうのだ。』
★『早く漢方医学的なとらえ方をご紹介して、安心して・希望を持って、頑張ってほしい。』

とにかく、このページを最後までお読みいただき、<「ガン」についての私のとらえ方>と<はじめに>のページの私流の漢方医学のとらえ方・取り組み方も読んでいただき、『漢方医学の基本的な知識』を持った上で『ガンに負けない身体と心』を作るべく、『古村和子流の漢方総合療法』を試していただきたいと思います。

(1)「NHKのホームページの文章から番組の趣旨をまとめたもの」

日本人の死因のトップで世界で年間800万人の命を奪っているガン。

ジャーナリストの立花隆氏は一昨年、膀胱がんの手術を受けた事をきっかけに、「人類は何故、がんを克服できないのか?」という本質的な疑問を持ち、取材を始めたのだそうです。

NHKは立花隆氏の手術の様子や、その後の治療の過程を長期に渡って映像に記録してきたとの事で、その中で立花氏は、本質的な疑問に向き合い始め、世界の最前線の研究者たちを取材する中で、がんの正体を根源的な部分から見つめ直そうとしたのです。
「人類は何故、がんという病いを克服出来ないのか? 人類はガンを克服出来るのか? 転移は何故起きるのか? ... 」
ジャーナリストとして、そして一人のがん患者として、人類最大の病、がんの謎に挑む立花氏の思索の旅を追いながら、がんの発生や転移などの仕組みの最前線の情報を紹介してくれる番組でした。

アメリカの癌治療学会は100年目・ニクソン大統領が癌戦争宣言をしてから40年(38年)なのだそうですが、「がん細胞を発見しても決定的な治療法はまだ無く、そして明らかになってきたのは、がんという病が、生命誕生の謎と深く結びついているという神秘的な事実だったのです。

例えば、「がんの原因とされている『がん遺伝子』は、同時に『生命の誕生から成長に至るまでに不可欠な遺伝子』でもある」という事がわかったのです。
更に、『がん細胞は生命40億年の進化の果てに得た様々な細胞の仕組みを利用して、増殖し転移する』事も明らかになりつつあるというのです。

がんは、小さなほ乳類から恐竜まで、あらゆる生物に見つかる。実はがんは、私たちが多細胞生物として生まれたことで決定づけられた、宿命なのではないか。だとすれば、私たち人類は、がんとどのように向き合えばいいのか。
私たちとがんとの新たな向き合い方を探る。

◇恐怖の敵は「半分自分」

▽がんとはいったい何か

▽進化がもたらしたがん遺伝子

▽正常細胞の裏切り

▽がんは生命そのもの

−−など五つのテーマで構成される。

最先端の研究から浮かび上がってきたのは、がんを引き起こす遺伝子は元々生命の誕生、成長に不可欠なもので、40億年の進化の過程で獲得したという事実。また3億年前の恐竜のがんの痕跡から、転移する時に使う遺伝子がほとんどの動物で共通していることも導き出す。そこからは立花氏が「半分自分で、半分エイリアン」「一筋縄ではいかない相手」と表現するがんの底知れぬ恐怖が伝わる。

(2)「放送を見ながら私がとったメモのポイント」

(一生懸命にメモをとったのですが、書ききれない所があり、NHKのHPで検索したのですが、オンデマンドで「見逃した番組は10日以内・別の入手方法(特選ライブラリー)の項目にはまだ出ていない」状況ったので、番組をもう一度見て確認するまではOOOOとさせていただく事をご了承下さい。又、細部に間違いがあるかもしれませんが、ご了承下さい。)

番組は、5つのテーマに分けて展開しました。


本論に入る前の導入部での言葉から強烈な印象を受けたので、急いでメモをとったのですが、
例えば、
★抗がん剤の副作用:「皮膚細胞の死」→アカギレ・皮膚が壊れる。
★転移ガンは治せない。
★白血病・悪性リンパ腫・卵巣ガン・OOOOOは、再発でも治せる。
★今は、数ヶ月単位の延命しかない。
★アメリカの癌治療学会は100年目(そんなに前から研究されていたとは知らなかった)
★ガンの解明には、これからも道のりは長く、100年位と言う人・50年位と言う人がいる。
★ノーベル賞を受賞したOOOOOは、ガンの一部を解明しただけ。
★何故、ガンが解明出来ないのか。
★ロバートワインゲーグ教授は、1982年に初めてがん細胞を発見した人。

<(1)ガンとは一体何なのか>
★アメリカのニクソン大統領が「癌戦争宣言」をしてから40年(38年)
★ガンの原因はわかったが、
★ガンを治す事は、想像以上に難しい。
★毎日、数千億の細胞がコピーして生まれ変わっているが、このコピーの時にミス起きる。
★『仕組み』はわかったが、『治療法』はわからない。
★患者が亡くなった後も、ガン細胞は永遠に増え続ける。

★複雑だから、一人の人が全体像をつかんでいる人はいない。
★『分子標的薬』=「抗がん剤」は、「異常OOをOする為にパスウェイを塞ぐ」が、
 ガン細胞は別のルートを探して増えるので、効かなくなる。
★ガンゲノムプロジェクト

<(2)進化が生んだガンの遺伝子>
★浸潤や転移をさせるもの
★HIF1(浸潤のきっかけを作るもの)低酸素でも生き残る細胞
                       ↓
         一層強力なガン細胞となって移動する(血管を作って増える)→浸潤
★立花さんは、「謎の果てしない深さ」を知った。『低酸素の中で生き抜いてきた事そのものが、ガン細胞の強さ』→『これではギブアップ(!?)』

★薬や免疫に関するサプリメントが多い
『免疫細胞』があるのに、何故転移するのか知りたい。

<(3)正常細胞の裏切り>
★『免疫細胞』=『マクロファージ』とガンの関係(ポラード教授)
 ・マクロファージは、本来「身体の免疫を助ける細胞」なのに、
 ・ガンの中でマクロファージが大量に集まる。
 ・マクロファージがガンの手助けをしている。
 ・マクロファージは、死んだ細胞なら食べるが、むしろガン進行を促進する。
★『マクロファージ』本来の働きは、傷口を治す力・細胞の移動を導き・細胞が移動して傷が治る事や成長を促す役目をする。
★傷口から「救援を求める物質」が出、それに対して細胞を移動させて傷口を治すのと同じ仕組みで、ガンの周りから「救援を求める物質」が出て、『マクロファージ』がガンの周りに集まり、マクロファージがその物質に導かれる様に浸潤していく。(血管に到達してガンが全身に広がっていく)
★白血病細胞は、正常細胞が隠れ家を与え、ガン細胞に栄養を与える。
   ↓
 抗ガン剤でガン細胞を攻撃すると、正常細胞も攻撃される事になる。
   ↓
 これが「抗ガン剤の副作用」となる。
   ↓
★『正常細胞』の中に『ガン細胞』がある=ガンは「エイリアンと自分が5分5分」となっている。
   ↓
  「エイリアン」だけを攻撃する事は不可能。

<(4)ガンは生命そのもの>
★『ガン幹細胞説』:スタンフォード大学のマイケルクラーク教授(ガン研究の第一人者)は、「ガン細胞は全てが同じではない」と。
★『ガン幹細胞』は、ガンを生み出す根源の細胞で、急速な分裂をする。
★「抗ガン剤」は、OOは殺せるが、幹細胞は殺せず、耐性があるガン細胞を生む。
★生命は、正常な血液や皮膚を作る幹細胞が必要なので、下手に攻撃すれば、生命そのものを攻撃しかねない。(ガンを攻撃すれば正常細胞も攻撃してしまうから)

★京都大学の中山仲也教授の『ips細胞』=「人工的に作った幹細胞」は、イモリの足など の細胞の様に増えて再生するが、これは「人を殺す幹細胞」とよく似ている。
★『ips細胞』=4つ=「正常細胞2つ」と「ガン細胞2つ」

★『ips細胞』=『ガンになるプロセスと同じ』、 紙一重・危険
★『ips細胞』と「ガン細胞」はすごく似ている。(紙の表と裏を見ている様だ。)
★「イモリの手や足などの様な再生能力」は、『正常細胞とガン細胞は紙一重』
★人間に「イモリの様な再生能力」が無いのは、「ガンにならずに生命を守る為」

  「次世代を生み出す」為に、「10数年間は生きる為に工夫」されたもの。

★ガンは、「細胞の病気」「DNAの病気」
★人間が「多細胞の生物」である=「再生能力がある」=『ガンになる宿命を持っている。

※ 取材を進めれば勧める程、『ガン征圧には時間がかかる』とわかった。

<(5)ガンとどう向き合うか>
★日本の学会を取り上げた。
★10月23日、日本癌治療学会では、「患者サイドのガンの治療について」講演した。

★そこで立花氏は、『抗がん剤は使わない』→『QOLを下げて数ヶ月寿命を延ばすメリットはないから』『死を待つだけの日をどう迎えるのか』と講演。

★ガンの人の最後を沢山見送って来た徳永進医師(鳥取市)19床:ほとんど往診
 ・「死は日常のそばにある」
 ・「どこで死にますか・どこで死にたいですか」
 ・『人間は、死の直前まで笑える・笑いがある』
 ・「自然な死」
 ・『どんなに解明しても解明出来ない』
 ・『命はわからないけど、すごいもの』

※ まとめ(立花隆氏のまとめ)
 ・自分が生きている間に、人類はガンを解明不可
 ・近々死ぬが、それがわかってもジタバタしなくて良い。
 ・ガンは、OOし過ぎるOOOOO,1つの避けられない運命だ。
 ・「ガン」と「人生の残りの時間の過ごし方」の折り合いをつける必要あり。
 ・『QOL(=生活の質)を下げない方』を選ぶ。

 ・「死ぬ力」「死ぬまで生きる力」「死ぬまで生きられる」
 ・「チャンと生きるのが、ガンを克服する事」

(3)『私が漢方医学の立場から、どうとらえ・どう感じたか』

番組を見ながら先ず感じたのは、最初にも書きましたが、
『これじゃー、この番組を見たガン患者さんとそのご家族はかわいそう。絶望しちゃうよー!』でした。
そして、
※「西洋医学では100年も前からガンに関する研究が行われていたのに、解決に結びつく結果は得られていないのだ。これは“細胞”“細胞”と、ミクロの世界だけで研究しているからだ。」と思った事です。そして更に、
※『ガンについて全てを掌握している人はいない』という言葉も私にはショックでしたが、※ 「ガン細胞が生き残っていく仕組みは、我々の生命が存続していく仕組みと同じなので、
ガン細胞の増殖だけを止める事は出来ない」と知った事もショックでした。

※ 「ガン細胞をやっつけると正常細胞もやっつけてしまうので、抗ガン剤は副作用が出てしまう。」との理屈は私も実感としてわかりますが、しかし、『漢方的取り組みでその副作用が軽減出来るのだから、その嬉しい情報を早く伝えなきゃ!』と思ったのです。又、

※「免疫力を高めればよい…」と言いながら、
●『マクロファージ』という免疫細胞だけを取り上げていた。
● 私の17年間の『ケフィア菌』についての学びによると、マクロファージの次に『リンパ球のT細胞』も免疫細胞として『ガン細胞を含む自分の細胞以外の異物』を食べる」という事もあるので、理論展開は物足りなさを感じました。



●「『ケフィア菌』なら、1985年〜1990年にかけて「抗ガン効果」に関して「5つの作用機序」(=『マクロファージ』『リンパ球のT細胞』『インターフェロンβ』『ケフィランという乳酸桿菌』『細胞壁構成成分が日本の学会で発表されているのに、西洋医学の医師達は何故それを活用して患者を救わないのかしら」と、不満を感じました。

(但し、同じ『ケフィア菌』の商品でも、品質はピンからキリまでありますし、同じ高品質の商品でも、飲ませ方で結果は天国と地獄の開きが出ますから、ガンの患者さんも・ご家族も・友人知人も、その点は慎重にチェックしないと期待はずれになる恐れがあります。)

(更に、この『ケフィア菌』以外の健康食品やサプリメントで「ガンに良い」と言われるものは沢山ありますが、『抗ガン効果の作用機序が学会で発表されているのはケフィアだけ』という情報もしっかりつかんでおく必要があると私は思いますので、参考までに書いておきます。)

※「日本東洋医学会の会員の医師達に、『漢方医学の立場から、免疫力を高める医療』についてのリーダーシップをとってほしい」とも思いました。それには、
(1)(漢方薬の業界の人数人から聞いて知ったのですが)『漢方医』の認定を受ける為の勉強会は、きちんと最後まで受講し、決して「受付で費用を払って帰ってしまう」事で「受講済みの証拠にする」事はやめてほしいです。患者と家族の為に。
(2) 医師以外の薬剤師達などで頑張っている人達とも一緒に学んで情報を交換したり実践してほしいです。
医師だけが・病院だけがガンを治しているのではなく、私達薬局や薬店の存在がどれ程ガン患者や家族を助けているか…という事実を謙虚に受け止めてほしいと強く思いました。

とにかく、西洋医学の立場の研究しかテレビで取り上げてくれませんし、出版本も(芸能人も含めて)有名な人や医師・医学博士・病院の院長などでないと、出版の話すら聞いてくれないのが近年の日本の情報発信の実態です。

これでは、ガンだけでなく、ステロイド剤を使用する病気(喘息やアトピー性皮膚炎など)や不妊治療も含め、「国民は皆、被害者」であり、「国も、医療費の無駄使いの被害者」だと私は強く思っています。

何故なら、今の医療制度・保険医療制度では、西洋医学の立場の人達から「この方法以外治療法は無い」と言われたり・医師会の意見を採用せざるを得ない仕組みなので、専門家ではない厚生労働省の担当者や漢方医学・漢方医療を知らない医師達が決定する『ガイドライン』には、『治る方法・治せる方法』を取り入れない為に、『治らない・治せない・治さない・むしろ悪化させる』治療法で『患者を苦しめると同時に国も余計な・無駄な医療費を負担しなければならなくなっているのが実情・実態』ですから。

40年以上も漢方医療の現場で「(救急医療以外の)西洋医学で治らずに苦しんでいる人」の相談を沢山受けていると、内科・皮膚科・整形外科などのあらゆる診療科に渡って漢方総合療法で喜んでいただく事が多いので、漢方医学で早く・上手く治す方法を世の中の人にお教えし、私のお店『三健堂』の理念の、『全ての人々が、身体・心・家庭の三つの健康によって、明るく・楽しく・快適な毎日を過ごせる様に、漢方の素晴らしさを提供する事』を実行したいと思うのです。

勿論、西洋医学を全面否定するつもりはありません。西洋医学と漢方医学の『良いとこ取り』をお勧めしたいのです。

このホームページをお読みいただいて「同感!」と思って下さった方々と力を合わせて、『様々な病気・症状を、早く・確実に・経済的に治す方法』の普及にお力をお貸しいただきたいと、今回のこの番組を見てあらためて強く思いました。

『ガン』の治療法で、一般的には知らされていない実態も裏話も沢山ありますから、それらの情報もこの『がん・ガン・癌』のページに書いていきますので、私の正義感と使命感と情熱を正しく受け取っていただきたく、宜しくお願い致します。

戻る