『腎虚』(じんきょ)とは、漢方独自のとらえ方の1つです。
腎(じん)とは、尿を作るのは腎臓ですが、漢方で言う『腎』というのはその腎臓だけでなく、もっともっとすごーく広い範囲をとらえています。まずこの漢方で言うところの『腎』とは何かを知って下さい。

※漢方の大切な基礎理論の1つに『五行説』(ごぎょうせつ)と言うのがあります。
これは、古代中国の人が鋭い観察力で全てのもの(森羅万像)を観察し、法則性を見出したものです。
木・火・土・金・水の5つのグループに分類されています。
五行色体表 ごぎょうしきたいひょう
  五色 五味
青緑
小腸 血脈
口唇 肌肉
大腸 悲憂 皮毛
膀胱 恐驚 骨=歯

「横一列が1つのグループ」としてとらえます。
そして、この『水』のグループ全体を『腎』と言います。つまり、「腎臓・副腎」・「膀胱」・「黒い色」・「しょっぱい味」・「恐怖心・不安感・驚き・ショック」・「耳・ニ陰=大小便の出口、つまり尿道と肛門」・「骨・歯」・「髪」・「生殖器」・「脳」・「睡眠」・「冷え・寒さ」などの全てを「腎」と総称します。
従って、西洋医学で言うところの「内科の泌尿器」「婦人科(女性)・泌尿科(男性)の生殖器」「精神科の恐怖心・不安症・ショック状態」「耳鼻科の耳」「尿道と肛門」「整形外科の骨」「歯科の歯」「皮膚科の髪」「脳外科や脳神経科の脳」「内科や精神科の睡眠」などの全てを『腎』という1つのとらえ方できちんととらえるのです。
このとらえ方は、臨床の現場ではものすごく頻繁に出くわす症状ばかりですので、この「西洋医学でバラバラにとらえる」事を「漢方で『腎』という関連性のある1つのとらえ方をする」事に変えると、予想外の、ビックリする程納得出来る見方が出来るのです。
又、各グループ間に深い関係があります。
相生関係 そうぜいかんけい
<母子関係>とも言います。
『母が子を産み育てる関係』『守りあう関係』と考えます。
母が虚している(弱っている)と、子は守ってもらえずに子も虚してしまいますので、症状が出ているグループの母のグループにも注目するのが漢方流なのです。
相剋関係 そうこくかんけい
<主従関係>とも言います。
<力関係>のバランスを見ます。
グーチョキパーのじゃんけんの様に、矢印の根元の「主」が矢印の先の「従」に勝って、全体の力関係のバランスがとれている状態が理想です。
※漢方には『虚実』(きょじつ)というとらえ方があり、厳守すべき治療法則(ルール)の最も大切な事です。
『虚』とは虚弱体質という言葉がある様に「弱い」「不足している」という意味です。
『実』とは、「充実」の実ですが、漢方では「強すぎ」「多過ぎ」として病的状態ととらえます。
理想は『平』(へい)。丁度良い量・強さです。そして平より不足する虚の時は『補法』(ほほう=補充する方法=穏やかな方法)を。平より多過ぎる実の時は『瀉法』(しゃほう=取り除く方法=強い治療法)を行います。
※ 体調の虚実と漢方薬の虚実
体力のある『実』の人には強い漢方薬で積極的な治療をし、体力のない『虚』の人にはおだやかな漢方薬で優しく治すというルールです。
漢方のこのルールを守ると、安全でうまく治ります(○)が、このルールを守らないと、「小柴胡湯で死者」の様な問題(×)が起きてしまいます。
「小柴胡湯(しょうさいことう)で死者」などどいうニュースが何度か報道されましたが、これは弱っている人に強い漢方薬を飲ませてしまった為の医療ミスです。
※ 腎虚(じんきょ)と言うのは五行説の「腎のグループが」虚実の「虚の状態」・つまり、腎のグループが弱っているという事です。
私達が子供の頃から慣れ親しみ、頼りにして来た現代西洋医学は、AD1800年代の終り頃から理論体系が確立のきざしをみせたのに対し、漢方はBC400年頃にはすでに宇宙生命観にのっとったきちんとした理論(陰陽五行説)が確立され始めていました。
その西洋医学が分析的で、人間の身体を眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・内科・外科・整形外科・泌尿器科・肛門科・精神科・産婦人科などの部位別に分けて各々の部位のみを分担して診るのとは異なり、漢方は、一人の人間の肉体的なもの全てと精神面、更には人間をとり巻く自然環境をも包括してとらえる医学・医療である為に、特に現代人の様に心を病む人が増加する時代には漢方は必要不可欠で、しかも最も有効な医学であると私は位置づけています。
その中で特にこの『腎虚』は、アレルギーをはじめ、老人性痴呆や少子化・ガンなどの難病・次々に出現する新しい病気・細菌などに対しても、西洋医学にはないとても有効かつ有用なとらえ方であり、是非多くの人の知っていただきたいとらえ方だと思い、このページを開きました。
『腎虚』というとらえ方を知ると、目のウロコがいっぱいパラパラと落ちる思いがすると私は確信しています。是非この『腎虚』というとらえ方を知って、健康で楽しい人生を創り出していただきたいと思います。

「尚、ご紹介している商品につきましては、「このホームページ更新の時点で最も良いと古村和子が判断したもの」です。従って、年月の流れと共に「原材料の安全性」や「製造技術の差による品質の差」などに関して疑問を持って調査したり、より良い物と出合って実際に試してみた結果、変更する事もありますので、このHPの全てのページに於いても、古い記載と新しい記載で内容が異なる時は、新しい情報の方を選択していただければ幸です。」



No.23 「認知症」の原因も“腎虚”
「高齢化社会」と言われる今と今後に最も不安な事は「認知症」の問題です。
勿論、近年では様々な研究や開発・工夫がされていますが、原因に関してはまだまだ究明が不十分な様です。
「脳科学」も様々な分野で研究が進み、テレビ番組でも多くの専門家による解説や「脳トレ」の問題が出されて、出演者や視聴者が参加する番組も多くあります。
でも、これらは「脳」というものを単独にとらえ、「脳だけ」に注目したものですので、果たして「認知症予防・対策」にどれだけ効果が出るかは未知数です。
私は、漢方医学・漢方医療の立場で長年とらえ・考えてきましたが、「脳」は「五行説」(ごぎょうせつ)の「水=腎のグループ」所属ですので、やはりその機能低下である“腎虚”というとらえ方抜きでは解決しないと思うに至っています。
“腎虚”という問題は、今に始まった訳でなく昔からありますし、又、日本人だけの問題ではなく世界中の人の問題なのですが、「少子高齢化」と言われて以来、日本の高齢者の人口比率が急激に増えている為に、今後の「団塊の世代」と言われる多くの人の高齢化に伴って、「認知症」になる人の数も急増する事が予想され、問題視されているのです。
神奈川県では、「国内で最も高齢者の比率が高い」との事で、黒岩知事の陣頭指揮のもと、「未病(みびょう)を治すかながわ宣言」をして、官民一体となって取り組んでいますが、ここに“腎虚”というとらえ方と取り組み方を組み込んだら、かなり理想的に成果を出せるのではないかと私は考えています。
幸いに現代は情報化時代ですし、昔の「ご隠居さん」の様な老後ではなく、「活動的な高齢者」も増えていますので、そんな皆さんに“腎虚”というとらえ方と取り組み方を取り入れていただくと、かなりの効果・成果が期待出来ると確信しています。
これからはこのページに“腎虚”に関するあらゆる情報を、可能な限り載せ続けようと思っています。






No.22 「不育症A “腎虚”が少子化の原因の1つ」
国をあげて「少子化対策」が行われる時代になりました。
「少子化」には様々な原因がありますが、漢方医学・漢方医療の目で見ると、女性側の原因としては「生理不順」「排卵が起きにくい」「子宮の病気」「卵巣の病気」などの他、『不育症』という「流産」「死産」とは違う状況が近年増えている事も大きな原因だと思います。
「せっかく授かった赤ちゃんが、お母さんのお腹の中で育たないで心臓が止まってしまう」のです。それもかなり妊娠初期に起きる様です。
せっかく授かった! 妊娠した! と喜んだのもつかの間、とても悲しい想いをしなければならないこの「不育症」。
西洋医学的な原因は専門家ではないので説明出来ませんが、漢方医学の目で見ると“腎虚”が原因なのです。
「生殖器」は、漢方医学の基礎理論の「五行説」(ごぎょうせつ)の「水=腎のグループ」に所属していますので、その力が低下している為に、赤ちゃんをお腹の中で育てる力不足の状態になり、残念な事になるのです。
もし、そんな悲しい経験をされたなら、次の妊娠までの間隔を出来るだけ開けて、その間に『腎虚対策』をしっかりして、次回また同じ悲しみを体験しなくて良い様にしてほしいと思います。
焦って、お医者様のお勧めで次々と体外受精をしている人もいますが、「心身と経済的に大きな苦痛や負担がかかる治療」を頻繁に受け、「妊娠出来なかった」という悲しみやショックを頻繁に繰り返す事になりますので、これでは益々可能性から遠ざかる事になります。
西洋医学には『腎虚』というとらえ方や考え方はありませんので、是非、漢方医学的な対策をして、無事に赤ちゃんを抱っこ出来る様になってほしいと願っています。




No.21 「無月経」による「疲労骨折」の原因は“腎虚”
テレビの番組(NHKのクローズアップ現代)で、「女性アスリートの無月経による疲労骨折」についてやっていました。
「太ってはいけない」と監督に言われたり、「痩せていると身体が軽くて動きが早くなるので、記録が伸びるから・・・」と本人が痩せる努力をしている現状が紹介されました。
限度を超えて痩せると、身体は「命を守る為に、本能的に生理をストップさせる」という状況になりますが、これは、アスリートに限らず、「極端なダイエットをして痩せた人」にも出現します。
又、病気を治す為に食事を減らす様に指導されて、生理が止まってしまった人もいます。
私は、漢方相談の中で、多くの女性の「ダイエットして痩せたら、生理が止まって、髪が抜けた」という悩みに取り組んできました。
この『生理(月経)』も『髪』も五行説では『水=腎のグループ』に所属していますし、今回のテレビ番組の「疲労骨折」=『骨』も『水=腎のグループ』に所属しますので、今回のタイトルの様に、<「無月経」による「疲労骨折」の原因は“腎虚”>と言えるのです。
番組に出ていた元マラソン選手が、当時、この「無月経」と「疲労骨折」の因果関係が知られていなかった事と、「私も無月経だったし、7ヶ所も疲労骨折していた」と話していました。
更に言うと、「“腎虚”になって生理がなくなると不妊症になり易い」という心配があるのですが、番組の中で登場した「競技中に疲労骨折して途中で棄権したマラソン選手」が、その後無事に出産していた事を知り、私は番組を見ながら漢方治療家としてホッとしました。
現在、2020年の東京オリンピックを目指している女子中高生に対して、指導者と母親達が協力して「生理がきているか・止まってしまっているかの聞き取りチェック」や「食生活を始めとする日常生活の工夫」を行っている事も紹介されましたが、私は『ここに、“腎虚”というとらえ方を追加して漢方医学的な工夫も併用すると、もっと良いのに・・・』と痛感しました。
“腎虚”の問題は、今後はもっともっと様々なマイナスの状態を引き起こすと思いますので、出来るだけ多くの人に知ってほしいと思います。




No.20 「尿もれ」の原因は“腎虚”“と肝虚”
近年、テレビの「尿もれ」のCMが増えていると思いませんか?
しかも、以前は年配の人が登場するものが多かったのですが、最近はそうではなく、若い女性の「尿もれ」が映し出されているものが増えています。
これって、『尿もれで困っている人が増えている』、しかも『若年化している』という事ですよね。
漢方医学の目で見た原因は“腎虚”と“肝虚”だと思います。
「“腎虚”になっている為に、膀胱の力が虚していて、尿をしっかりためておけない」という事と、「“肝虚”(かんきょ)になっている為に、膀胱の出口の括約筋という筋肉の力が虚していてゆるんでもれてしまう事」が原因なのです。
本来は、トイレで『尿を出してもよい』という状態ではない時には、『尿が出ない様に膀胱の出口をギューとしっかり締めておく』事になっているのですが、五行説の「木=肝のグループ」の機能低下である“肝虚”になると、このグループに所属している“筋”の力が低下するので、「膀胱の出口をギューとしっかり締めておけない」という状態になってしまうのです。
私はこの『尿もれ』を引き起こしている“腎虚”と“肝虚”の原因を以下の様に考えています。
「“腎虚”を引き起こしている原因は、衣食住による冷え=クーラーの中の薄着や素足・一年中アイスクリームや果物や生野菜を口にする・シャワー入浴・クーラーの冷え…など」
「“肝虚”を引き起こしている原因は、酸味の摂り過ぎ=黒酢などの酢を飲む・酢大豆や酢卵や酢漬けのトマトなどを毎日食べる…など」と。
テレビのCMの「尿もれ用のパット」は、「雨漏りでぬれた所を拭くだけ」の対応であり、『雨漏りをする原因の屋根の穴をふさがないままの状態』と言えますから、「尿もれ用のパット」を使用しながら、『雨漏りをする屋根の穴をふさぐ工事』に当たる『“腎虚”と“肝虚”に対する漢方療法を行う』事をお勧めします。
一人ひとり微妙に原因が異なるので、問診表をご請求下さい。「あなたの尿もれの原因と対策」を探します。
何歳になっても『尿もれ』で悩まないのが正常ですので、早く対策を!




No.19 「耳鳴り」の原因は“腎虚”の他色々
「耳鳴り」で困っている人って多いですね。
耳鼻科のお医者様から「耳鳴りは治らないよ」と言われたり・「老化現象だからしょうがない」と言われたり・5つも6つも大学病院で診てもらった…などという人が相談にみえます。
私の40数年の臨床経験では、「耳鳴りの原因」は“腎虚”の他“コリ”など『8つ』。但し、これはあくまで漢方薬を取り扱う薬剤師としての経験と針灸を行う鍼灸師としての経験から出た結論ですが…。
ですから私は、漢方薬と針灸の併用と、更にこの「漢方医学的な原因を改善する為の日常生活の漢方的工夫」という『古村和子流 漢方総合療法』で取り組んで、かなりの好結果を得ています。
この事は私がやっているネットワーク臨床漢方塾・温故知新漢方塾の教材としてまとめている他、鍼灸業界の学術誌『医道の日本』誌に2回に渡って投稿しています。
一言で「耳鳴り」と言っても、状態・症状・原因は人それぞれ。
だから「問診表」に記入してもらって原因を分析し、その人の・その時の状況に合わせた治療作戦を立てて取り組む事が大切です。
漢方薬に関する本を見たり・インターネットで検索しても、きちんとした「とらえ方」「取り組み方」とは程遠い情報しか得られませんから、『餅は餅屋』と昔から言う様にプロに相談するやり方が懸命だと思います。
ご相談下さい。



No.18 花粉症 C今年は「症状に合わせた漢方薬」の活用を!
テレビのコマーシャルでも・健康番組でも・新聞や週刊誌や健康雑誌でも、「花粉症には○○湯」といった具合に、漢方処方名の情報を流しています。
が、これって間違いなのです。
漢方薬は西洋医学の薬とは全く違う選択法をします。
例えば昔、「クシャミ・鼻水・鼻づまり、かかったかなーと思ったら・・・・」というコマーシャルが流れていましたが、西洋医学では「鼻水」と「鼻づまり」を一つの薬で治せるのですね。
漢方薬はそうはいきません。「鼻水」タイプと「鼻づまり」タイプでは、処方が全く異なります。更に、同じ「鼻づまり」でも、「かめば出る」と「かんでも出ない」では、処方の中味が微妙に違うのです。
又、「胃が丈夫な人」と「胃が弱い人」では、漢方薬は別のものを選ばなければなりません。
こんな風に、一言で「花粉症の漢方薬」と言っても、きちんと選ばないと、効き目が出ないだけでなく、胃をこわしたり・体調を悪くする危険性もあります。
こんな事を言っては何ですが、「漢方薬を選ぶには、きちんとした基本的な知識が必要不可欠」であり、「素人や漢方医学の基礎をきちんと勉強していない医療関係の有資格者が、インターネットなどで検索して処方を決められるほど生易しいものではない」のです。
更に、今までにも繰り返しお伝えしていますが、付け加えると、『アレルギー体質の改善』=『腎虚対策』プラス『古村和子提唱の日常生活の6大要素(衣・食・住・睡眠など)の漢方医学的工夫』をすれば、体質改善が大いに進むはずです。
今年は昨年の夏が猛暑だったので「去年の5〜6倍の花粉が飛ぶ」と予想されていますが、今から頑張ればかなり軽くて済むのではないかと思います。
正しい情報に基づいた対策をお勧めします。





No.17 花粉症 B花粉症は「アレルギー性鼻炎」の一つ
ずいぶん前から「花粉症」という病名ばかりが話題になっていますが、花粉症は「アレルギー性鼻炎の一つ」だという事をご存知ですよね。
つまり、花粉症は、「アレルギー反応を起こす原因のアレルゲンと言われるもの」によって発生する「アレルギー性の鼻の病気」の一つで、そのアレルゲンの中で「花粉」が原因のもの限定の病名なのです。
花粉の他に、ホコリや温度差で「アレルギー性鼻炎」が出る人もいます。
私自身は「温度差のアレルギー性鼻炎」です。
私は薬剤師であると同時に鍼灸師でもあるので、若い頃から「寒い季節は、患者さんが寒くない様にと、針灸室を30度前後に暖め、お灸の煙を出す為に換気扇を回しても裸の患者さんに影響が無い位の室温の中にいました」ので、数十年の間に軽い「温度差のアレルギー性鼻炎」になってしまいました。
「涼しい所から暖かい所に移動すると、クシャミが出る」という症状です。
ホコリっぽい所でクシャミが出る人もいますし、職業のために「繊維のホコリ」でクシャミ・鼻水・涙が出るという人もいます。
これらの人は「アレルギー性鼻炎」と言うのですが、花粉が原因の人の人数が多い為なのか、「花粉が原因のアレルギー性鼻炎」だけが『花粉症』と別扱いの様になっていると私には思えます。
何故こんな事を書くのか、と言うと、これらの花粉症を含めた『アレルギー性鼻炎』は『アレルギー性疾患』ですから、『アレルギー体質』を改善しなければ、半永久的にこの病気とお付き合いしなければならないのです。
困りますよね。というより、だからこそ「ものすごく困っている」のであり、「治らないものだとあきらめている」のですよね。
私は長年(45年以上)漢方医学を学び続けて来て、根本から深く漢方医学の理論を理解していますが、この『アレルギー体質』というもの・『アレルギー性疾患』というものについて、きちんとしたとらえ方が出来る様な段階に入っています。
漢方医学(東洋医学)は、紀元前に大自然を観察して法則性を発見したいくつかの理論の組み合わせで成り立っているものですが、その頃に「アレルギー」なんていうとらえ方は当然ありませんでした。
でも、『温故知新』です。「アレルギー」という新しい状態に対して古代中国の人が発見してくれた法則・理論を当てはめると説明出来るのです。
説明出来るだけではなく、実際に「アレルギー性疾患」の人が改善されるのです。
これってうれしいですし、「知らなきゃ損」ですよね。
私が到達したのは@でご紹介した様に『アレルギーの根本原因は“腎虚”』という事です。実際にかなりの人が『腎虚対策のもの』を飲んで、間もなく花粉症が軽くなったり、数年後には「花粉が怖くない人」になったりしています。
これは「花粉症対策」ではなく『アレルギー対策』であり『腎虚対策』の結果ですから、困っている人は試してみる価値はあると思いますよ。



No.16 花粉症 A花粉症の体質改善は可能
前回ご紹介した様に、「花粉症の根本原因は“腎虚”」であり、そこから発生する『水毒』という「排泄されるべき水分が出残のこってしまっている余分な水分」が、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「涙」「目のかゆみ」「ノドのムズムズ」「痰」などの症状を引き起こしてしまうのです。   
これらの症状に対し私の『温故知新の漢方総合療法』では2本立ての作戦を立てます。
@その人の・その時の症状の組み合わせに対して、「ピッタリ合う漢方薬」を選びます。
これは『随証療法』(ずいしょうりょうほう)と言って、「症状が変化したらそれに応じて漢方処方を変更する」という漢方医学の治療法則(ルール)をしっかり守って漢方薬を選択しています。
A根本原因である“腎虚”対策をして、花粉症(アレルギー性疾患)の体質改善の方法を提案します。
西洋医学は勿論、漢方薬を扱っている治療家も、この“腎虚”というとらえ方をする人は少ないので、ご自分でしっかりと知識を持って取り組んでほしいと願っています。




No.15 花粉症 @根本原因は『腎虚』
今年もまだ1月だというのに、テレビではもう「花粉症」が話題になっていますね。
今年の冬は、思いもよらない異常な寒さや爆弾低気圧による雪や強風で身体が冷え切ってしまっていますが、間もなく節分・立春…と、暦の上での春を迎えると、いよいよ花粉症の季節のスタートです。
毎年、テレビに出ている人の話を聞いていると、「私は20年来の花粉症です」とか「私は30年以上も花粉症に悩まされている」とか「私は春のスギ花粉だけでなく、ヒノキやブタクサでも起きるので、ずーっとですよ」など、花粉症で困っている人が目立ちます。
でもこの人達は、「花粉症は治らないもの」と思っています。
その理由は、「花粉症の原因は花粉だから、花粉が飛んでいる間は花粉症になっている」と信じているからです。
何故こんな言い方をするのかと思われるでしょうが、私から見れば「花粉症の原因は花粉ではなく、『花粉に対して敏感に反応してしまうあなたの身体の側の漢方医学的問題』が原因」だという事を知っているからです。
ですから、上記の様なテレビで自分の花粉症の病歴や大変さを話している人がとても気の毒に思えるのです。
よーく考えてみて下さい。花粉が飛ぶ季節になると、誰もが皆、花粉症になりますか?
ほんの少し花粉が飛び始めた頃から花粉症が始まる人もいれば、テレビの花粉情報で「今日は沢山飛びます」と報じていても平気な人もいて、色々ですよね。
この差はどうして起きるのでしょう?
そうです。『花粉に対する身体サイドの反応の差』なのです。
この『身体の中の漢方医学的原因の差』が、花粉症になる人とならない人をつくるのです。
では、その『身体の中の漢方医学的原因』とは?
これが“腎虚”なのです。
この“腎虚”によって、「体内の余分な水分が尿として排泄する機能が低下する」為に体内に「あってはいけない水分=非生理的水分」が出残ります。
これを漢方医学の言葉で『水毒』(すいどく)の状態と言います。
これが「皮膚や粘膜」を過敏にし、花粉などの異物に対して敏感に反応してしまう身体をつくってしまうのです。
従って、「花粉症の根本原因の“腎虚”を改善すれば、長年の花粉症の悩みから開放される可能性が高まる」と言えるのです。




No.14 腎虚になると H 不安感・恐怖心・ビクビク
漢方では、私達人間の感情の中から、怒・喜・思・悲・憂・恐・驚の7つを取り上げ、『七情(しちじょう)』と呼んでいます。
それを五行説(ごぎょうせつ)の5つのグループに分配して、『感情』と『肉体・色・味・季節・気候・涙や汗などの身体から出る液体』をも関連づけてとらえています。
これって本当にすごい事だと私はいつも感激しています。
このとらえ方の中で、「腎のグループ」には『恐(きょう=恐怖心・不安感)』と『驚(きょう=ショック・びっくり)』の2つが所属しています。
従って、『恐と驚の心の体験は腎虚をつくり、逆に腎虚になると恐と驚の心の状態になり易い』の、双方の現象が起きています。
私達の人生は、失敗がつきものです。
失敗すると次の行動に自信が持てずに不安になります。
その不安と戦いながら「失敗の原因」を知恵と工夫と努力で乗り越えるから、人として成長出来るのです。
が、親や指導者がガミガミ説教したり、「どうせまた失敗するさ」などのマイナスの接し方をすると、不安感が強くなり、益々腎虚が重症化します。
又、ショッキングな事は突然ふりかかり、避けられないものですから、ビックリした途端に腎虚になります。
回復には『腎の力をつける工夫』が必要なんです。私は色々工夫して、一人ひとりの状態や原因に合わせた提案をしています。
ご自身・ご家族・友人・同僚などで『不安感が強い状態の人』がいたら、ご相談下さい。きめ細かく作戦を立てて提案します。